グリーンスムージーの様々なメリットやデメリット

グリーンスムージーと食品添加物に関するメリット

日常生活で摂取する食品の中には、色々と悪い物が見られます。その1つが添加物ですね。

それは色々なものに含まれていますが、往々にしてネガティブな症状が発生しやすいと言われています。
中には発癌性の添加物もありますので、とても怖い話ですね。
ですので普段は日常生活であまり食品添加物を摂らないようにするのは、とても大切だと思うのですが。

ところで最近色々なお店で、グリーンスムージーという商品を見かけるようになりました。
私がよく行くスーパー店でも、そのスムージーをよく見かけますね。
ジュース類が多く陳列されているコーナーにあるのですが、いかにも体に良さそうですね。

そのスムージーは、上記の添加物に関するメリットがあります。
スムージーの中には、添加物は含まれていないのです。
つまり身体に対するリスクが、かなり低い飲料という事になります。

ところでそのスムージーに良く似ているジュースの1つに、野菜ジュースがありますね。
あれも一見すると体に良さそうに見えるのですが、実はデメリットが1つあります。
市販の野菜ジュースの中には、かなり多くの食品添加物が含まれている事があります。
それを摂取してしまえば、逆に体の調子が悪くなってしまう可能性がありますね。
「全て」の野菜ジュースにそれが含まれているとは限らないのですが、比較的多くのジュース類に含まれていると言われています。
それを考えると、ちょっと野菜ジュースは怖い一面があるでしょう。

ところがグリーンスムージーの場合は、中に含まれているのは野菜類や果物だけになります。
野菜ジュースのような怖い物質が含まれていませんので、スムージーの方が安全度が高いのではないでしょうか。

ですので普段野菜ジュースを飲んでいる方がグリーンスムージーに乗り換えてみれば、体調なども大きく変わってくるかもしれませんね。
前述のように多くのお店でそのスムージーの飲料を見かけますので、一度試してみると良いのではないでしょうか。

グリーンスムージーのメリットとデメリット

1日に必要な野菜の摂取量を満たすことはなかなか難しいものです。
ですが、ミキサーで野菜や果物を撹拌して手軽に飲むことができるグリーンスムージーなら、毎日の野菜不足を補うことができます。

グリーンスムージーとは、生の葉野菜とお水、または果物などを加えてミキサーで撹拌して作る飲み物です。
調理する手間なく、一度に数種類の野菜や果物を摂取することができるメリットがあります。また、
グリーンスムージーの最大のメリットは、加熱しないという点です。
火を一切使わずに作るグリーンスムージーなら、加熱することで失いがちな栄養素もしっかりと残したまま作ることができますので、不足しがちな栄養素を補充しやすくなります。

グリーンスムージーのデメリットとしては、噛まずに栄養を摂取するという点です。
通常、食べ物を食べる際には噛むという行為を行います。噛むことによって、口の中では唾液が分泌されます。
この唾液には、栄養素を分解して消化吸収を助ける働きのある酵素が含まれています。
ですが、噛まずに飲むという行為を行うグリーンスムージーの場合、この唾液の分泌が減ってしまいがちになるため、せっかく摂った栄養を十分に吸収することができないこともあるのです。
そういったことを防ぐためには、スムージーのような流動食だけでなく、噛むという行為をする通常の食事も積極的に摂る必要があります。
グリーンスムージーはあくまで補助的なものとして摂取するようにしましょう。

また、グリーンスムージーは、ミキサーに材料を入れて簡単に作れるといっても、なかなか手間がかかるのも事実です。
毎回使用する材料を用意する必要もありますし、使用ごとにミキサーを洗う手間もあります。
こうした手間が継続できなくなる原因となることもあります。そうした場合、市販のグリーンスムージーを購入するという方法もあります。
市販の商品は、粉状になっているものがほとんどで、水や牛乳、豆乳などで溶かすだけで手軽に作れるようになっています。
材料を揃える手間もなくなりますし、使用するシェイカーを洗う手間のみなので、楽に続けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>