適切なグリーンスムージーの飲み方紹介

グリーンスムージーは自宅で作れるというメリットがあります。ただ作る自由度が高いためにオススメできない飲み方をしている方も多いです。グリーンスムージーで栄養素をしっかりと吸収して適切に飲むための飲み方のポイントをご紹介しようと思います。自分の好きに飲んだらいいとは思いますが、より高い効果をお求めならこのような飲み方をオススメいたします。

まず最初に飲みやすさを重視する方は果物と野菜の割合が6:4くらいで飲んでいると思います。確かにこれは飲みやすくて、続けやすいでしょう。しかしこれでは野菜はあまり補給できていません。たくさん飲むのなら問題ありませんが、あまり量を飲まない方はもう少し野菜を多めにしてみましょう。栄養をしっかり補給したいなら果物と野菜の割合が4:6くらいが望ましいです。これなら野菜の栄養をたくさん吸収できるでしょう。

またグリーンスムージーを水ではなく、牛乳と組み合わせる方がいます。確かにマイルドになって美味しいのですが、消化が遅くなるのでできれば「水」がオススメです。1日1リットル以上は飲むようにして、たくさんの野菜と果物を吸収しましょう。グリーンスムージーには余計なものは入れずにシンプルに行きましょう。入れるのは葉物野菜・果物・水だけです。体に良いからと言って別の物を入れると消化吸収が悪くなったり、体の中にガスが溜まったりします。余計なものはすべて入れないようにしてください。

それからグリーンスムージーは食事をする40分前には飲んでおきましょう。すると食事までの間にきちんと消化してくれます。なるべく朝の内に飲んでおいた方が好ましいので、朝食前に飲むようにしてください。朝食代わりに飲む場合は朝食の時間に食事代わりに飲みましょう。置き換えることによりダイエット効果があります。なるべく冷たくして飲まないで常温で飲む方が消化に良いのでオススメです。このように適切な飲み方でグリーンスムージーの効果を高めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>